梅子の休日

ネタバレなしよ。

帽子屋ジェニーと時計の陰謀

あのかわいい猫は人間なのよ。ごく人間に近いの。

 

再読。

 

いい天気ですね、のバリエーションを使い果たしたラティマー。

 

マダム・ソフィーの帽子屋さんでお針子としてはたらくジェニー。帽子屋でソフィーって言うとやっぱりあれよね。

 

女子会でがっつかないように気をつけるジェニー。ゆっくりゆっくり食べること。フレッシュな卵のサンドウィッチ!

 

パープルプルーン、言えば官能的な表情に。

 

ジェニー、あきらかに自分じゃ手に負えない問題をかかえてるのに、差しのべられた手を払いのける。メイフェア・スクエア7番地シリーズヒロインあるある。

 

レディ・ヘスターはいつもかっこいいなー。威厳あるけど、ものわかりよし。ジェニーとトビーの境遇をちゃんと聞き取ってからの的確な指示。

 

お通夜みたいな死体の格好で横に寝てたら、誰だって驚くわ。

 

くるしまぎれの着衣同衾、バンドリング。

 

ちょっといいかな?スピヴィだ。いきなりの。

 

ああっ、ジェニーのばかばか!今かなり危険な状態なのに単独行動だなんて。

 

えーっと、ここは後悔の懺悔室ですよね?

 

今は物珍しさで善意の人たちから面倒見てもらえるけど、じきに歓迎の気持ちもうすれて、みんな気まずくなる。かしこいなー、ジェニー。

 

ランピットに「あなたのこと知りません。せっかく来てもらったのにごめんなさい。では、おやすみなさい。」ここまで言えたら立派立派。

 

「甘い言葉は得意じゃないが、真剣なんだ。」きゃー!ラティマー、必死の求愛。

 

まともな男は女性を殴らない。そうだそうだー!

 

モーリー・バケットの狙いは復讐。ジェニー以外からのお金は意味をなさない。

 

酒場に猫つれてきたの、アダム。

 

ケルトン・イン・ザ・クローゼット、身内の恥。この本で意味知ったなー。で、この漫画でも出てきてなつかしかった。

 

シェイクスピアと談笑するモーツァルト

 

結婚式は金曜日!おおー、いそげいそげ。

 

おや、ランピット、正気に戻ったのね。

 

メイフェア・スクエア7番地シリーズ、いちばん最初に出会ったのがこの作品。どの本もシンデレラストーリーなんだけど、ジェニーがいちばんドラマティックかなぁ。ヒロインの中で一番身分が低いから。その分、いちばんおてんばかもね。

 

シリーズのなかで唯一、ハーレクインぽくないタイトル(笑)。