梅子の休日

ネタバレなしよ。

サガンの言葉

幸福なときが正しくて、不幸なときは間違ってる。

 

1935年、フランス生まれ。

 

18歳で書いた「悲しみよ こんにちは」が大ヒット。364億円の印税。すごー。

 

サガニスト、サガンの真似するファンたちのこと。どうしても佐賀って漢字変換しちゃう九州人。

 

とにかく知性の人。

 

陽気でいることは一種の礼儀。

 

精神的な自立とは頭の筋肉を働かせること。鍛えないとにぶっちゃうもんね。

 

過剰よりも不十分なほうがもっと悪い。

 

破滅するのは私の自由です。

 

人は他人の自由を冒さない限り自由。

 

ふたりの関係が終わったというときは退屈だと思ったとき。

 

寛容でない人、心配ごとのない人、愚鈍な人、テレビなどが大きらいなサガン

 

破天荒に見えるけど実は慎みを大事にする人。

 

ギャンブルとスピード出すのが好き。

 

尊敬する作家はプルースト

 

テーマはいつだって孤独と恋愛。

 

2004年没。

 

サガン、実は未読なのよね。ほんとに知性あふれる魅力的な人なんだなぁ。作品読まなきゃ。

 

言葉シリーズもっと出ないかなー。マドンナだけはあんまり好きじゃなくて読んでないけど。。