七つ屋志のぶの宝石匣 16

わたしだって!もう一度誰かのウニアワビになりたい時もあるのよ!

 

聞いてもないのに事業が成功して港区タワマンに住んでること教えてくれるオバサン。

 

顕ちゃんの愛が重い志のぶ。

 

吊るしてみんなでつっついたら吐きそうな橘、チョロいんでないかい。

 

栗田さん10杯!?

 

キレた志のぶ。整数と柿ノ下先生のことしか考えたくない。

 

初めて会った人のイメージがピンクのドレス着て歌がうまい眼鏡のおかっぱの姉妹(笑)。

 

しょーちんノーマークだったのに。