マンガ日本の古典 落窪物語

もー、せつないよ。

 

最古の物語のひとつ。作者不明。

 

中納言の家の末娘は腹違いの姉たちや継母がいる。床がくぼんだ部屋に住まわせられているので、落窪の君と揶揄されている。

 

お世話係は阿漕。阿漕の旦那が右近少将道頼に仕える。

 

右近少将、落窪の君のうわさを聞きつける。

 

後妻のいいなりになる父親。いい人なんだろうけど、一方の話しか聞かないまぬけな人。

 

みじめな身なりを見られたのが何よりもつらい。。女心よねぇ。

 

泊まっていった殿方には朝の食事を出してあげるのがしきたり。でも落窪の部屋には膳すらない。なんとか集める阿漕。

 

母上のたった一つの形見の箱まで持っていかれた。

 

落窪、裁縫が上手なため、お針子としてこき使われる。

 

イケメンと自分のことうわさされて腹を立てた北の方、貧乏な60歳の叔父典薬助(てんやくのすけ)を落窪に送りつける。ひどー。

 

おもらしの描写がちょっとリアル。やめてー。

 

監禁から救ってあげた少将。二条邸に落窪を連れていく。

 

右近少将の復讐はじまる。四の君がちょっとかわいそうだけど、とにかく北の方をやっつけたい。

 

右近中将に昇進。

 

追い打ちの牛車&宿舎トラブル。なぜだか分からない北の方。

 

さらに最後の復讐で土地の地券で攻撃。中将と落窪参上。すかっとするねー!

 

参考文献に入ってなかったけど、絶対におちくぼ姫参考にしてるよね?