花子とアン

ごきげんようさようなら。

 

AnneはeがついてるAnneじゃないといや。花子は花じゃなくて花子じゃないといや。

 

世界観がものすごく好きなドラマ。着物も小物もセットも全部好き。

 

赤毛のアンシリーズは村岡花子の翻訳が一番気に入っている。なんというか優しくて上品で、その時代にしっくりくるというか。

 

そんな村岡花子の生涯は全く知らなかったけど、あの柳原白蓮とお友達だったのね。

 

白蓮事件も丁寧に描かれててよき。実際のスキャンダルっていうんだからすごいよねぇ。

 

赤毛のアンの翻訳もまさか戦時中にされていたとは。いろんな意味でよくできたなぁ。。