新書太閤記 10

我以外みな我が師也。

 

家康家臣、石川数正。初花を秀吉に献上。

 

本多正勝、家康の元を一度離れてまたもどってきたのは19年ぶり。出戻りの家来はままあるけど、これだけ長いのは珍しいらしい。

 

信長にも秀吉にもない読書家という特徴の家康。特に好きな愛読書は論語、中庸、吾妻鏡。「書物は、そのようにして、一生読める書でなくば真実の書とは申されまい。」

 

どちへんつかず。三河弁でどちらにも偏せぬ、の意。

 

織田信雄と仲がいい蒲生氏郷

 

松琴尼、竹中半兵衛の妹のおゆうが出家してた。

 

恐ろしいのは無知でいること。悟る於通。

 

第二期生になってる秀吉小姓部屋。

 

池田勝入信輝により犬山城陥落。49歳。森長可は娘婿、蘭丸の兄。

 

うれしいものはうれしいと言い、いやなものはいやだと言える大谷平馬はじめ直参の家臣たち。

 

青鷺組(あおさぎぐみ)、池田家隠密。

 

秀吉49歳。

 

石川数正、秀吉の悪口の檄文をばらまく。

 

家康43歳。

 

三好秀次、秀吉の姉の子。17歳。

 

井伊直政24歳。

 

森長可27歳。

 

長久手の戦いで森長可池田勝入も討ち死に。

 

秀吉の口ぐせ「よし、よし。」

 

あれ、あと1巻なのにまだ小牧長久手の戦い。。さては秀吉の生涯までいかないな。